いつもやっている【あれ】がヘアダメージの原因に!?
  • 2023.02.10
  • Blog
  • こんにちは!RINAです^^

    髪のダメージについて、ケミカルやシャンプーでのダメージはどんなものかお話していきます!

    ケミカルダメージ…カラーやパーマ施術の際に使用する薬剤は、髪の内側の通り道を削りながら浸透していきます。
    その損傷により、髪内部の水分や栄養が流出しやすくなります!

    エイジング毛…加齢やストレスなどによってホルモンバランスが崩れると、髪が生まれ変わるヘアサイクルも乱れ、髪が絡まりやすくなったりうねりやすくなったりします。

    シャンプー…シャンプーの種類によっては、髪にダメージを与えてしまう場合もございます!
    例えば、洗浄力の強いシャンプーで髪を洗うと、髪の主成分であるタンパク質が変性し、必要な油分まで奪われてしまうことがあります。

    このようにケアのように見えるシャンプーでも、時には髪を傷つける原因にもなるのです!

    トリッカ代官山店では、傷んだ髪を改善する、髪を強くする、髪質改善メニューがあります♪

    中でもイチオシは、12月より始まったオッジィオットというトリートメントです!

    その凄さはまたほかのブログでも紹介致しますが、是非1度サロンにて実感いただけると嬉しいです^^

    皆様のご来店を心よりお待ちしております!

    RINA